日中はまだまだ暑さが続いておりますが、信者の皆さまはいかがお過ごしでしょうか。
緑の中にある寺では、朝夕にカナカナ蝉 (ヒグラシ) が鳴き、秋の訪れを身近に感じる頃となりました。
おかげさまで、盂蘭盆会施餓鬼供養・加持土砂法会が無事に終わり、16日に仏さま方をお見送りいたしました。
今年は、塔婆供養に合わせて、200個以上の灯篭供養があり、百味 (百の味の違う食物) 供養もありました。夕方には、寺の庭全体に置いた灯篭に火を入れ、それはそれは幻想的な雰囲気に包まれたのです。
お寺においでにいただけなかった方のために、そのようすを写真で報告いたします。

8月17日以降、土砂加持のお砂をお分けしております。
お墓に撒くと、仏さまが喜びます。
また、玄関や家の周りに撒くと、浮遊霊などが寄りつきません。

◎関連サイトはこちら