平成30年の夏は、7月から酷暑に見舞われ、一方で豪雨に伴う水害も続き、痛ましい限りです。信者の皆さまにはどうぞ無事にお過ごしであることを、心よりお祈り申し上げます。

さてお寺では、朝晩すっかり過ごしやすくなり、早くも秋の訪れを身近に感じる頃となりました。
8月16日に送り火の護摩を厳修し、盂蘭盆会施餓鬼供養・加持土砂法会を終え、仏さま方をお見送りいたしました。
今年は、小雨模様であったことから、花火大会は中止にいたしましたが、お護摩の後にかき氷を信者の皆さまにふるまいました。お寺にお越しできなかった方々のために、それらのようすを写真でご報告いたします。

お寺では土砂加持のお砂をお分けしております。
お墓に撒くと、仏さまが喜びます。
また、玄関や家の周りに撒くと、浮遊霊などが寄りつきません。あわせてこちらもご覧ください