今年は例年になく暖かで、お天気にも恵まれたこともあり、お寺には300人を超える信者の方がお集まりになりました。
九州の蓮華院 性空堂から宝潤阿闍梨を迎え、星供養を厳修いたしました。

星供養は、弘法大師さまが日本に伝えた「宿曜経 (すくようきょう)」が起源といわれています。
新しい年を迎えるにあたり、それぞれの運命をつかさどるといわれている九つの星を供養し、みなさまの無病息災、一家繁栄、開運満足など諸願成就を祈願するものです。
【関連ページはこちら