今年は関東でも大雪に見舞われ、節分祭の前日にも雪が降り、開催が危ぶまれましたが無事に執り行うことができました。
今年から、信者の方々には護摩供の前にまずお接待をおあがりになってから、本堂に入場をしていただきました。杉の葉をのせた護摩壇を作り、室内にて柴燈護摩(さいとうごま)の様相で、勇壮に厄払いを厳修いたしました。

その後、恒例の「福まき」を行うほか、事前にお配りした富くじで豪華賞品のあたる抽選会も催しました。