今年もキュウリ加持の時期が近づいてきました。
夏の土用に行うと絶大な効果があると云われ、当寺でも毎年大変良い結果が出ています。
令和元年のキュウリ加持の日程は、8月1日に開眼し3日間拝みます。
病気でない方も「体力の弱まる土用」の時期に、キュウリ加持を受けてみることをおすすめします。

DSC_0880

キュウリ加持で良くなった例

  • 認知症のおばあちゃんに修したところ進行が抑えられ、現状維持のまま過ごしています。
  • 当寺で行者をしているパーキンソン病の男性は、はじめて訪れたときは介護者がいないと身のまわりの動作が困難なほどでした。キュウリ加持、先祖供養、荒神供養を続けた結果、病状は改善しています。パーキンソン病を発病して18年経ち、今では手の震えもおさまり、自分で箸を使って食事もできます。

どのような人が申し込めばいいの?方法は?
現在何らかの病気を患っている人、病気が心配な人、認知症になりたくない人、ネガティブにものを考えてしまう人、ギャンブル依存症、生活習慣予防、健康を維持したい人は、ぜひお申し込みください。とくに他人の体に触れる仕事(整体、医師、鍼灸師、美容師、リンパドレナージュなど)に従事されている人は、施術した人の病気を受けてしまう可能性があります。病気の根をキュウリに封じ込める祈祷法「キュウリ加持」を修し、元気にお過ごしくださいませ。

お寺の事務局でキュウリ加持申込書を配布しております
申し込み者名、年齢、干支、封じてもらいたい病気を記載してください。
ひとつの病につき、キュウリ1本に封じ込めます。3,000円/1病
※2019年7月17日 (水) までにお申し込みください。
※おひとりで何件でも申し込めます。
※当日、行法に参加できない方の祈祷も受け付けております。1月~6月までに積んだ罪、穢れ、難、業(カルマ)をキュウリに封じ込めましょう。罪、穢れ、難、業が病気の原因なのです。

ご不明な点は、お気軽にお寺にお問い合わせください。