来たる8月13日から16日にかけ、当山では恒例の光明真言土砂加持法要を執り行います。光明真言土砂加持は明恵上人より伝わる、真言密教の秘法です。
一度も人に踏まれたことのない深い山の土を、光明真言で百八編お加持し、その砂を亡者の遺骨や墓にかけます。すると一粒でも砂のかかった場所はたちまち浄土となり、地獄に落ちて苦しんでいる者でも、その苦しみから解放され極楽浄土へ往生できるのです。

生きている者も、亡くなっている者も皆、大日如来の絶大なる慈悲に包まれ、平安を得られると伝えられています。
一座でも多くお参りしていただきますよう、ご案内申し上げます。
16日の最後の一座では、お参りの皆さま、またご縁のある皆さまに功徳が廻りますよう、光明真言護摩を修します。
どなたでもご参加できます。ご家族おそろいで、ご先祖さまに光明真言をお唱えしましょう。

日時:8月13日 (月) ~16日 (木)
光明真言護摩、お施餓鬼、土砂加持
・加持土砂は16日の護摩が終わり、準備でき次第お配りします。
・16日は花火大会をします。お子さま連れでお参りください。
施餓鬼供養料
塔婆供養 1体…5,000円(板塔婆をたて一体ずつ陀羅尼をお唱えします)
灯篭供養 1個…3,000円(無縁仏の供養は、10倍の功徳があるといいます)

お申し込みは、7月28日(土)までとなります。
電話、ファックスでも受け付けをしています。お寺にて申込書を用意しています。お気軽にお問い合わせくださいませ。