八千枚護摩=心の大掃除
8日間、参加者全員で行う「八千枚護摩」のお知らせ

今年も八千枚護摩の時期になりました。八千枚護摩は、お釈迦さまが「8,000回生まれ変わり、死に変わり」をし、修行善業を積まれブッダ(目覚めた人)になったことに因んだ護摩です。

****************************
八千枚護摩で一年の汚れを一掃
****************************
何かモノをみたとき「遠い日の思い出」が心に浮かんだことはありませんか?
これは「心の奥底に溜まった何か」と「見たモノ」が似ていることから起こります。目で見たモノを、心が勝手に意味を付けてしまったからです。

私たちは日常、知らぬうちに悪い業を心の奥底に溜めてしまうものです。目で見、耳で聞き、鼻で嗅いで、舌で味わい、皮膚で感じて生きています。これらの感覚を統合するのが「心(意識)」です。たとえば「透き通った窓ガラスを通して見る景色」と「一年間掃除していない汚れた窓ガラスを通して見る景色」は、同じ景色でも違うものに感じられることは、皆さんも経験があることでしょう。
心の奥底に溜まった悪い業のせいで「モノそのもの」が見えなくなる。そこから勘違いや誤解が生まれ、たくさんの困ったことが出てきます。
そこで、一年で一度ではありますが、八千枚護摩で「心の大掃除」をする必要があるわけです。

「心の大掃除」で心に付着している汚れを取り除き、以前の透明で光を放っていた心を取り戻しましょう。
「心の大掃除」は、お不動さんの力を借りるのが最も強力で、最も早い近道です。

八千枚護摩では、100,000編お不動さんの真言を唱えた後、一気に八千枚の護摩木を焼きます。100,000編お不動さんの真言を唱えることによって、行者はお不動さんになります。お不動さんの加持力によって、8,000回の生まれ変わりを一昼夜に縮めることができるのです。

どの座でも構いません。ご家族おそろいでお参りください。

時間 座数
12月3日(日) 14時前後 開白(1座目)
12月4日(月)

12月9日(土)
3時前後
9時前後
16時前後
初夜
日中(2~19座目)
後夜
12月10日(日) 6時前後~ 初夜(20座目)
結願(八千枚焼供)

護摩木奉納100本……1万円
特別護摩木奉納(100本)……5万円

ご信者の温かいご奉納で、今年は13回目の八千枚護摩供を迎えることになりました。
ご奉納いただいた方には、一週間21座拝んだ(21回護摩の火をあびた)お札を授与します。