来る8月13日から16日の間、波切不動寺では毎年恒例お盆の光明真言土砂加持法要を執り行います。

光明真言土砂加持は、華厳宗の明恵上人より伝わり、現在は真言宗に引き継がれている秘法です。
16081316光明真言を百八遍唱えて加持した砂を、亡者の遺骨や墓などの上に散ずれば、たとえ亡者が地獄に堕ちてもいても罪を解かれ、苦しみからも解放され、極楽浄土で往生できるといわれています。

土砂に心を込め、少しでも多くの光明を染み込ませ、より加持力を増すため、皆さまには一座でも多くお参りしていただきますよう、ご案内を申しあげます。
16日の最後の一座では、お参りの皆さま、またご縁のある皆さまに幸徳が廻りますよう光明真言護摩を修します。
ご家族おそろいで、ご先祖さまに光明真言をお唱えしましょう。

日時 8月13日(土)~16日(火) 18時~
光明真言護摩・お施餓鬼・土砂加持
16日の護摩が終わり次第、『加持土砂』をお配りします。
・塔婆供養 1本 5,000円 (板塔婆をたて、一本ずつ陀羅尼を唱えます)
・灯篭供養 1個 2,000円 (無縁の仏の供養は10倍の功徳といいます)

供養のお申し込みは、7月31日(日)までにお願いします。
灯篭はすべて手作りのため、お早めにお申し込みくださいませ。