2月最初の午の日は、稲荷 (稲成)神のお祭りです。
令和2年の暦で初午は、2月9日 (日曜日) にあたり、波切不動寺でも昨年に続き、盛大にお祝いをします。

皆さま、どうぞ2月9日 (日曜日) 19時までにお集まりください。

参座されるとお稲成さまの第一の請願である身体健全、商売繁盛(収穫高が多くなる)、家門繁栄に大きなご利益をいただけます。
昨年度のようすはこちらでご覧いただけます。

また、初午の時だけに住職より皆さまに特別な富の木「験 (しるし) の杉」を3,000円にてお渡しいたします。

きさらぎやけふ初午のしるしとて稲荷の杉はもとつ葉もなし

験の杉のいわれは、平安時代に遡ります。
「初午に参詣した人たちが、しるしとして杉の枝を取っていくものだから、この日の稲荷山の杉は葉がなくなってしまった」と、藤原光俊が歌っているように、稲荷社詣での折に杉の小枝を持ち帰ることは一般的でありました。
お店、会社、事務所、自宅にお祀りをするとよろしいでしょう。

ご家族おそろいでお参りください。

波切不動寺では、毎月第1の【午の日】をお稲成 (荷)さんのご縁日とし、夜7時から「稲成大明神供」を厳修しております。