新しい年には必ず厄除け、方位除けをしましょう。
*節分祭は18時から開始。
19時~福まきを行います。

令和2年は、2020年は庚子(かのえね)七赤金星の年。庚 (かのえ) には「更新、アップデート」の意味があり、今年は成果の収穫および古い姿からの脱却の年といえます。
中宮に七赤金星が入ることから「喜びごと」「若い女性の活躍」をあらわし、一方では「口論と過失」「食あたり」や「ケガと水害」に注意が必要でしょう。

本年度、とくに方位除けが必要と思われる方々は下記になります。
七赤金星 (中宮) 八方塞り:どこに向かってもすべて不吉の結果を招く八方塞がりにあります。
一白水星 (北東) 表鬼門:物事がうまく進まず慎重さが求められる年です。
三碧木星 (北) 困難宮:運気が停滞するでしょう。
四緑木星(南西)裏鬼門:予期せぬ災いを招くこともあります。

※個別の鑑定を希望の方は、開運鑑定案内をご覧ください。

お寺で専用の【申込書】を配布しております。(申込書について、お気軽にお問い合わせください)
ご希望の方は、申込書にお名前、ご住所、生年月日、祈願内容を明記の上、1月24日 (金)までにお寺に直接おもちいただくか、あるいは郵送でお送りくださいますよう、お願い申しあげます。
FAXでも受け付けています。
※祈祷札はすべて手書きをしております。なるべくお早めにお申し込みくださいますよう、ご協力をお願いいたします。
【昨年度の節分祭はこちら】

p1000527祈祷札
小 3,000円/中 5,000円/大 10,000円/特大 30,000円
*厄除けと方位除け、それぞれをお申し込みください。
*お札代を添えてお申し込みください。

◎星供札(金色の壁に貼る)、弁才天財布守り(お財布に入れる金運の札)、荒神札(台所に貼る)、烏枢沙摩明王 (うすさまみょうおう・トイレ不浄除け) 札は、節分祭の当日に、お申し込みなしでお渡しいたします。各1,000円

お札一覧