当山では、下記の通り秋の彼岸供養会を執り行います。

二座式供養

日時:2019年9月23日(秋分の日)午前9時半~
塔婆開眼供養会、二座式供養を厳修いたします。
9時までの御参座くださいませ。

お塔婆・二座式供養のお申し込みは、専用の申込書をお使いください。申込書に記入の上、塔婆代を添えてお寺の受付にお渡しください。
申込書をお持ちでない方は、お寺にご連絡をお願いします。
※FAX (0299-56-6138) でも受け付けております

締切日:9月17日 (火)
二座式供養は、9月21日までにお申し込みください。
当日、来られない方はお塔婆だけでも受け付けます。お寺へお問い合わせください。

塔婆は1枚ずつ手書きをしております。なるべく早めにお申し込みいただけますよう、お願い申しあげます。

お塔婆とは

「お塔婆とは何ですか?」そう質問される方に、お寺では客人をもてなす座布団のようなものだと説明をしています。寺に塔婆という座布団が敷かれてあれば、先祖の魂は座布団に座ってお経を聞くことができる。
お経を聞いていると、何年も成仏できないでいた先祖の霊は、死を受け入れて成仏してくれる。塔婆供養を3回すると、先祖はだんだん明るい場所に上がれ(位が上がる)、子孫が見えるようになり、子孫を守る力が増大する。そして先祖は守護霊にもなれ、家の人たちを守護する力を持ちます。家がなんだか明るくなった、事故に遭ったりトラブルが起こらない、病気が早期発見できて大病にならない、運がどんどん良くなっていきます。

供養は開運の一歩です。