新しい季節を迎えるにあたって
平成29年度の冬土用は、1月17日から土用入りを迎え、土の中から嫌なものが出てきます。
土用明けの2月3日はちょうど冬と春の分かれ目で、翌日から暦の上での春を迎えます。

新しい年には必ず厄除け、方位除けをしましょう。
*ご参加される方は、18時までにお集まりください。

人は生まれた年、月、日、時によって、そのときの大宇宙の気を受けて人生がはじまり、一生を生きていくものです。
節分祭 (星供養)は、宇宙の原則を理解し、大自然の法則に基づき、よりよい一年を過ごすために祝うお祭りです。

お寺で【お札申込書】を配布しております。(申込書について、お気軽にお問い合わせください)
ご希望の方は、申込書にお名前、ご住所、生年月日、祈願内容を明記の上、1月25日までにお寺に直接おもちいただくか、あるいは郵送でお送りくださいますよう、お願い申しあげます
※祈祷札はすべて手書きをしております。なるべくお早めにお申し込みくださいますよう、ご協力をお願いいたします。

p1000527祈祷札
小 3,000円/中 5,000円/大 10,000円/特大 30,000円
*申込書にお札代を添えてお申し込みください。

◎星供札 (金色の壁に貼る札)、弁才天財布守り、荒神札、烏枢沙摩明王 (うすさまみょうおう) 札は、節分祭の当日に、お申し込みなしでお渡しいたします。各1,000円