謹んで新年のお慶びを申し上げます。
皆さま、本年もどうぞよろしくお願いいたします。
平成30年の大晦日(年越しの大祓い)の夜、氷点下の中に信者の皆さまが200人以上も波切不動寺にお集まりくださいました。
午前0時ちょうどに、護摩壇へ火を入れ、新春護摩を厳修いたしました。

事前にご予約いただいた方の祈祷札に、行者たちによってお不動さまの火がかざされ、お力が注がれていきました。

ねんねんぶぶにおこすところのつみ
ぶぶとは、日々の意味です。

どうぞお不動さまの火でお祓をしてもらいましょう
護摩の火は、不動明王の智慧そのものです。
日頃、知らず知らずに積んでしまった自身の罪や穢れを祓い、清らかな願いを成就させる力を持ちます。

波切不動寺は祈祷寺です。信者さまの思うところの願い事を承ります。

身体健全 家内安全 商売繁盛 事業繁栄 良縁成就 就職成就 開運成就 五穀豊熟 無病息災 当病平癒 海上安全 交通安全 大漁満足 家運隆昌 工事安全 社運隆昌 子宝成就 災難消除 心身安穏 悪難消除 心願成就 社内安全 学業成就 進学成就
この他にも、思うご祈願を毎月の縁日にお申し込みください。
※毎月28日は不動護摩と荒神供養を、17日は十一面観音護摩と弁財天供養を修しております。

京都の真言宗総本山醍醐寺の中西哲玄僧正のお言葉
大事にしなさい3つの袋
・お袋
・胃袋
・堪忍袋
「年老いて、足腰痛めて杖ついて、醍醐のお山はきつくなりけり」
「子供を叱るな来た道じゃ、年より笑うな行く道じゃ」
IMG_8575