八千枚護摩修行について

八千枚護摩修行とは、お釈迦さんの八千回に及ぶ苦行を真言加持力により一昼夜に凝縮して、自らの命を懸けて行うという、真言密教の数ある行法のなかで、最大の荒行であり最高の秘法です。

八千枚護摩を修法する行者は、三週間、無言行(一切言葉を発さない) にて、一日三回、水垢離をとり不動法を修法します(これを前行といいます)。

結願の一週間前からは、五穀断ち(五穀、塩を口にしない。最後の三日は水も口にしない) で、お不動さんの御真言を十万遍お唱えし、最後の一座で八千枚の護摩木を焚きます。

燃えさかる護摩の炎に煩悩を焼き尽くし、心鎮めて、己と向き合う機会です。

※画像をクリックすると大きな画像を表示します。