八千枚護摩修行について 行者 法忍

八千枚護摩修行とは、お釈迦さんの八千回に及ぶ苦行を真言加持力により一昼夜に凝縮して、自らの命を懸けて行うという、真言密教の数ある行法のなかで、最大の荒行であり最高の秘法です。

※画像をクリックすると大きな画像を表示します。